マヌカハニーの効能と摂取の仕方

マヌカハニーはニュージーランド原産のマヌカの木から取れるはちみつのことを言います。
はちみつは一般的には殺菌や抗菌作用がありますが、マヌカハニーは通常のはちみつよりも強く作用し、優れた除菌効果を発揮するという実験結果があり、論文として発表されています。
虫歯菌や風邪を起こすウィルス、一部の食中毒の原因菌にも効果があるとされ、海外の歯磨き剤やお口のケア用品に配合されていることも多いです。
海外では、ピロリ菌が原因で起こる胃の炎症にも一定の効能があると見られ、抗生物質と併用されていることがあります。
日本の中高年齢層の方の中には、ピロリ菌に感染している方も多く、胃の病気にかかりやすいと言われています。
日常の生活に取り入れて、摂取するようにすれば、胃のケアや、病気の予防にもつながると考えられるでしょう。
また、炎症を沈める作用も通常のはちみつよりも強く、傷口や口内炎に直接塗って、早く治す民間療法が根付いています。
鼻炎や喉の炎症にも効能があるため、免疫力を上げるにも効果的でしょう。
日本では、冬から春にかけて風邪やインフルエンザ、花粉症に悩まされる方が多いですが、症状を軽くするにもマヌカハニーが役に立つでしょう。
摂取の仕方は加熱をせず、生食することが望ましいです。
ヨーグルトや季節のフルーツの上に、ティースプーン1さじほどかけて食べるといいでしょう。
後味が薬草のような苦味がありますので、そのままでは食べにくいと思われます。
数値が多いほど、抗菌、抗炎症作用が強いですが、病気予防や、健康維持のために食べるのでしたら、低い数値のもので構いません。